KQ会員ページ KQ会員登録 お問合せ 送料について
KQ商品検索
KQ - キングアンドクイーンニュースレター
KQ-キングアンドクイーンで過去にご購入下さった方や、KQニュースレターにご登録して頂いている方々にお送りしているニュースレターから、
記事だけをまとめてこちらに掲載しています☆
セール情報などもニュースレターにて、お知らせしておりますので、ニュースレター配信をご希望の方は、こちらでご登録ください。
KQ KING AND QUEEN キングアンドクイーンのニュースレター メルマガ
← KQニュースレターTOPへ戻る
Vol.46 2017.1.11

リリーのすべて

映画は予告編やあらすじを見ずに見ることが多いので、今回もまた、この画像を見ただけで再生ボタンをプチ。

最初は、あら!?この映画キャスティングがかなり贅沢!と思う位で特に何も感じずに観ていました。

しかし何となく怪しげな写真なので、ミステリーだったらどうしよう、サスペンスだったらやだな、怖いな、と思いつつ、
何だか分からない独特の変な雰囲気についつい引き込まれていきました。

中盤あたりから、“あれ!?なんか変な展開になってきたぞ”と思いましたが、
どんどん悲しみや辛さや、どうにもならない感覚に押しつぶされるような気持ちになってきました。

ほんとに終盤、“これ、もしかして実話?”と一人で思いつつ、
最後に流れた説明を読んで“やっぱり実話だったんだぁ~”と余計に悲しくなりました。

調べてみるとこのリリー・エルベさんは、1800年代~1900年代に生きた実在の女性。
そして彼女?の日記を元に書かれた小説が原作となった映画だそうです。

世界で初めて性転換手術を受けた女性ということでした。

とにかくこの映画をここまで切なく平常心で見れなくさせてくれたのは、
やっぱり今一番注目を集めている俳優 エディ・レッドメインの演技力に他ならない、と多分見た方全員が思うでしょう。
何なんでしょうね、この人。ほんとにすごい演技力。

エディ・レッドメインの作品を最初に見たのは、
こちらも実在の人物ホーキング博士を演じた『博士と彼女のセオリー』でした。
この映画も大大大好き!でした。

最近では、ハリー・ポッターの新作『ファンタスティック・ビースト』。
これは私の願いで家族で映画館へ行きました。

エディ・レッドメインが演じると外れないんじゃないかしら。

それにこの映画は、こちらも大好きだった映画『英国王のスピーチ』
(この映画でコリン・ファースの大ファンになった気がしますが)の監督の作品。
う~ん、いい作品のはずですね。

さらに!リリー・エルベさんの妻ゲルダ・ヴィーグナーを演じるのは、
こちらも今を時めく女優さん、先日『ロイヤル・アフェアー』でご紹介した、アリシア・ヴィキャンデルさん。
品があって、聡明な顔立ちの女優さんです。

普通とは違った形ですが、“深い本物の愛と優しさ”に触れることが出来る芸術作品の様な映画でした。

辛く悲しい思いと同時に、“これで良かったんじゃないのかしら、”と感じさせてくれるものがありました。

現代でこそ、ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーの方々が少しずつ住みやすくなる世の中になってきたと思いますし、
そうなって欲しいと思います。
性別も国籍もなく、誰もが“自分”でいられる世の中になるといいな、そしたらきっととても幸せだろうなあ、って。

リリー・エルベさんは、自分を偽って生きることは出来なかったし、
誠実でそして勇気のある女性だったからこそ、こうして今、彼女の人生が世界の人達に紹介され、
この作品は数々の賞を取り、現在のトランスジェンダーの方々に勇気を与え続けているのではないでしょうか。

今私たちに与えられている人生を自分なりに精いっぱい生き、正直に、勇気を持って生きること、
私たちはリリー・エルベさんよりもずっと楽に生きることが出来ていると思います、
だから環境に感謝し、どんなことがあっても勇気を失わずに、忍耐強く、頑張り続けたいな、って思う映画でした。

今彼女が目の前に居たらきっと終わりのない列ができ、一人一人が愛情を込めて彼女を抱きしめてゆくでしょう。

そしてその彼女を愛を持って、辛抱強く支え続けた妻、ゲルダ・ヴェイナーさんの存在も忘れてはいけない人です。
愛する夫が女性になってしまったら、多分頭で想像できる範囲を越えてしまう衝撃だと思います。
戸惑いと不安と悲しみと苦しみが同時に襲ってくるのではないでしょうか。

デンマークやパリの街並み、家の装飾、衣装もまたこの映画の見どころでした。

KQ ニュースレター リリーのすべて


今日もみなさまの一日が幸せな一日となりますように☆

by KQニュースレタートップ
http://www.worldpeace.jp/newsletter/kqnewsletter.html


キングアンドクイーンのウェブサイトアドレスは、worldpeace.jp "世界の平和”を日本から!です☆
KQ - KING AND QUEEN International インポートファッションセレクトショップ
〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜3丁目4-10 092-834-3112
 
http://www.worldpeace.jp/

KQニュースレターに登録はこちらにてご登録ください。

← KQニュースレターTOPへ戻る
KING AND QUEEN International News letter 登録はこちらから
KQ K&Q King and Queen 株式会社キングアンドクイーン