フコイダンの効能が体を元気にしてくれる

低分子フコイダン002

フコイダン天然の成分をご紹介します

自然治癒力を正常にしてくれるフコイダン

フコイダンはモズクやコンブなどの海藻類のネバネバ成分に多く含まれる天然成分で、海藻が砂などで傷ついてしまった部分を修復したり、引き潮時に身体が乾燥するのを防いだりする海藻にとって非常に大切な成分であり、特にモズクに多く含まれる事が分かっています。

フコースという糖をメインに、ウロン酸などの フコース以外の糖 と、ヌメリのもとである 硫酸基 が網の目のように結合して、塊となった状態でできていますが、糖の組み合わせや硫酸基の数は、海藻によって大きく異なり、一定ではありません。

整腸作用をはじめ、免疫の活性化、抗ウィルス作用などに注目されたことで研究が進められ、人間の防衛機能・免疫力を回復させるほか、抗腫瘍、抗がん作用、中性脂肪抑制など、現代人の健康に欠かせない機能が学術的に明らかにされており、本来人間に備わっている自然治癒力を正常化させるという事が分かっています。

フコイダンの効能とは

免疫力up
フコイダンには人間の自然治癒力を回復させ、体質の改善に手助けする力を持っています。体内の腸表面の細胞から血液を通じて全身に伝達され「腸管免疫」に刺激を与える事によって、免疫力を高めるといわれています。

アポトーシス誘導作用
細胞がまるで自滅するかのように自然に消滅に導く作用の事をアポトーシスといい、がん細胞にアポトーシス効果を誘導する事ができればがん細胞は大きく一歩前進し、うまくアポトーシスを機能させる事が大きな鍵となります。近年フコイダンに含まれるフコキサンチンにアポトーシス誘導作用がある事が確認されています。

ピロリ菌を減少させる
フコイダンは体内の粘膜を保護し、フコイダンの粘り類が胃の粘膜を刺激し、胃を活発に動かします。また、胃潰瘍や胃がんの原因の一つといわれるピロリ菌を減少させる効果も期待されています。

身体を錆から守る
フコイダンの原料である褐藻類は、表面のヌメリ成分によって自らをガードしています。細菌をよせつけず、強い太陽光や紫外線によって発生する活性酸素をバリアする抗酸化作用も持っています。人にとっても大敵である、活性酸素が主な原因となる老化や血管凝固、シミなどにはじまる身体の錆びから守ってくれる効果があります。

食生活だけでは賄えない部分をフコイダンを上手に取り入れて健康ではつらつとした生活を送りましょう!

ご興味のある方はご連絡ください。お待ちしております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です