三八(さんぱち)の成分 抹茶の素晴らしい効果

matcha co t2kAfymBHGY unsplash scaled

お茶はその昔、薬として使用されていました。抹茶は他の緑茶と違い、抽出液ではなく粉末にした茶葉をそのものを取り入れることなので、

栄養素をすべて摂取できることが魅力的な食材です。そしてうれしいことに健康効果が実証されるようになりました

栄養素は効能も多く、海外でも、和のスーパーフードとして注目されています。

抹茶は茶葉を4~10ミクロン(小麦粉150ミクロン)と大変細かい粉末にしたものです。

日光を遮って育てた茶葉を蒸して乾燥させた後、石臼などで粉末状にしていきます。

抽出後の茶葉には60%も栄養が残っているそうで、通常はお茶を淹れた茶葉は捨てられてしまいます。

茶葉から抽出するほかの緑茶と違い、茶葉を丸ごと食べてしまっているのと同じ。栄養成分を丸ごと摂取できる優れものです。

三八(さんぱち)の抹茶は 脂肪燃焼の効果あり

#japanesegreentea #matcha #aojiru #worldpeaceinc #青汁 #八女茶 #八女抹茶 #緑茶 #抹茶 #大麦若葉 #九州産青汁 #美味しい青汁 #高級青汁 #高品質緑茶
#japanesegreentea #matcha #aojiru #worldpeaceinc #青汁 #八女茶 #八女抹茶 #緑茶 #抹茶 #大麦若葉 #九州産青汁 #美味しい青汁 #高級青汁 #高品質緑茶

三八(さんぱち)の抹茶の栄養には、脂肪の燃焼効率よくする効能が期待されています。

ポリフェノールであるカテキンとタンニン、さらにカフェインといったこれら成分は、脂肪に作用する効能があります。

カテキンやタンニンの効能には、脂肪の燃焼効率のアップと脂肪を分解をする酵素の働きを高める作用があります。

さらに、カフェインが内臓脂肪の燃焼促進に効果を表します

カリウムや食物繊維も抹茶には含まれています。

利尿作用に効果的なカリウムやカフェイン、便秘解消に活躍する食物繊維が働きかけ

むくみや肥満の予防に効果があります。

三八(さんぱち)の抹茶はよい眠りを誘う効果あり

三八(さんぱち)の抹茶はリラックス効果に期待大です。

三八(さんぱち)抹茶に含まれる「テアニン」は旨味成分の一種です。

テアニンは興奮や緊張を抑える効果があり、リラックス効果にはもってこいの成分です。

緑茶や紅茶にも含まれる成分ですが、抹茶は番茶の12倍もの量が入っていると言われています。

ですから、睡眠の質もアップし、寝つきがよくなる、リラックス効果抜群の飲み物となります。

三八(さんぱち)の抹茶は抗菌作用の効果あり

三八(さんぱち)の抹茶は殺菌や抗菌作用の効能があります。

カテキンやタンニンは抹茶の苦味や渋味の成分で、殺菌や抗菌作用を持ち、細菌の増殖を抑える効能が期待できます。

また、カテキンには抗生物質が効きにくいと言われる、メチルシリン耐性黄色ブドウ球菌やコレラ菌などの繁殖を抑え、インフルエンザウイルスも抑える効能が報告されています。

うがいをすることで、風邪予防にもなり、虫歯や口臭予防などの効能を持つと言われています。

三八(さんぱち)の抹茶は美容や健康維持に効果あり

三八(さんぱち)の抹茶の栄養は健康維持、美容にも期待が持たれています。

三八(さんぱち)の抹茶に含まれる、ポリフェノール、カテキン、タンニン、ビタミンC、β‐カロテンやクロロフィルには

さまざまな効能や効果がありますが、一番は抗酸化作用です。

抗酸化作用にはシミやシワ、たるみといった肌の老化を予防する効能があり、女性にはうれしい成分です。

抹茶のポリフェノール量は、緑茶の2倍も含まれています。

三八(さんぱち)の抹茶 成分と効果

カテキン
抗酸化作用血中コレステロール上昇抑制血圧/血糖上昇抑制抗アレルギー体脂肪蓄積抑制抗菌消臭
ビタミンC
抗酸化作用癌予防効果免疫賦活作用
クロロフィル
消臭効果癌予防効果新陳代謝促進
食物繊維
便秘防止癌、糖尿病、心疾患予防効果肝機能改善
カフェイン
眠気防止疲労回復代謝促進
β―カロテン
抗酸化作用癌予防効果免疫賦活作用
ビタミンE
抗酸化作用癌予防効果
香気成分
アロマテラピー効果
https://worldpeace.jp/sanpachi-jp/

三八(さんぱち)を飲んで、おいしさと健康を一緒にいただいちゃいましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です