三八(さんぱち)青汁には健康に良いものがつまっています

青汁 九州
青汁 九州

三八(さんぱち)青汁に入っている大麦若葉って体にいいの?

青汁の原料として知られる大麦若葉は、栄養豊富で私たちの健康な毎日をサポートしてくれます。でも、「青汁には栄養がない」「青汁を飲んでも健康には効果なし」というブログや口コミを見て、「青汁は体によくないのでは…」と不安に思った方もいらっしゃるかもしれません。そこで、青汁の原料である大麦若葉の健康効果について、ご紹介します。

青汁の原料として知られている大麦若葉。名前は知っているという方もいらっしゃるとおもいます。ビールや麦茶などの原料として使われる大麦の若い葉のことです。大麦若葉は主に中央アジアで多く栽培されていますが、国内でも生産されています。
大麦若葉は大麦よりも栄養素がたくさんつまっています。大麦若葉はケールや明日葉などの青汁の原料として使われる他の野菜よりも苦みが少なく香ばしい風味を持っています。青汁の原料では有名で、スープや炒め物などの料理にも登場する万能な野菜です。。
食物繊維が豊富なため、摂取しすぎてしまうとお腹がゆるくなりやすいといったことはあるかもしれませんが、毎食青汁で摂取する程度なら体によくないということは無く、私たちの健康をサポートしてくれる栄養満点な野菜なのです。

1.ダイエットの効果がある

大麦若葉には、食物繊維が非常に豊富に含まれています。食物繊維が腸内環境を整えてくれます。そして、食物繊維が、食後の血糖値の急激な上昇を抑える効果が期待されています。
大麦若葉の食物繊維によって便秘が解消されることで、ポッコリお腹が改善されるうれしい効果もきたいされます。また、食後の血糖値の急激な上昇を抑えることで、太りにくくなるのです。

2.生活習慣病の予防効果がある

三八(さんぱち)青汁の原料である大麦若葉には、ビタミンA・C・Eが豊富に含まれます。ビタミンACEはビタミンエースと呼ばれ抗酸化作用があります。抗酸化作用とは活性酸素を取り除く働きのことで、活性酸素は体内で作られます。活性酸素はよい働きを持つ一方で、不規則な生活や食事、ストレスによって過剰に作られると細胞を傷つけ、生活習慣病をはじめ様々な体調不良につながってしまいます。
ビタミンA・C・Eが豊富に含まれる大麦若葉や野菜を積極的に摂ることで、生活習慣病の予防効果が期待でき、健康的な毎日をサポートしています。

3.高血圧・高コレステロールへの効果がある

大麦若葉はミネラルが豊富です。ミネラルの中にはカリウムといって、体内の塩分を排出して血圧を抑えるという働きをしてくれる成分があります。さらに、大麦に含まれる大麦β–グルカンという水溶性食物繊維には、血中のコレステロールを抑えてくれるのです。

便秘には朝一の三八(さんぱち)青汁1杯

抹茶、緑茶、大麦若葉の青汁

女性に多いのですが、便秘で悩んでいる方はとても、多いです。そんな便秘解消のために青汁を飲むなら、朝起きた時がおすすめです。水の代わりに1杯の三八(さんぱち)青汁を飲んで、目覚めたばかりの腸を食物繊維で刺激しましょう。腸のぜん動運動が促されて、すっきりとしたお通じが期待できます。
朝の腸は空っぽのキレイな状態です。そこに栄養豊富な三八(さんぱち)青汁を摂取すれば、三八(さんぱち)青汁の豊富な栄養素をより効率的に取り入れる効果も期待できます。便秘でお悩み方は、まずは朝1杯の三八(さんぱち)青汁から始めてみてください。

ダイエットなら食事の前に三八(さんぱち)青汁がおすすめ

ダイエットのために三八(さんぱち)青汁を飲むなら、食事の前に飲むのがおすすめです。三八(さんぱち)青汁の豊富な食物繊維を食事の前に摂取することで、血糖値の急激な上昇を抑える効果が期待できます。さらに、食事の前にお腹を膨らませておくことができるので、食べ過ぎの予防にも効果的です。食事の前に三八(さんぱち)青汁を1杯飲むことで食べ過ぎを予防します。

コレステロールには三八(さんぱち)青汁と豆乳をブレンド

青汁 朝食

コレステロールを抑制するために三八(さんぱち)青汁を毎日の食事に取り入れるなら、水の代わりに豆乳を混ぜて飲むのがおすすめです。豆乳に含まれる大豆イソフラボンには、体内の善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らす効果があるとされています。コレステロール値を抑える効果を持つ三八(さんぱち)青汁と豆乳を合わせれば、コレステロールへの相乗効果で生活習慣病予防になります。三八(さんぱち)青汁をそのまま飲むよりも飲みやすくなるので、お子様でもごくごく飲んでいただけます。

緑茶、大麦若葉、抹茶青汁

おいしく飲んで健康に、三八(さんぱち)青汁ぜひ、飲んでください!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください