三八(さんぱち)青汁は更年期障害にも効果があります

青汁の持つ更年期障害体質の改善効果

青汁はホルモンの低下による脳の興奮を抑制させます。

女性に多い、更年期障害で辛い症状を抱えている方は多いです。

女性が更年期になり月経が停止して今まで分泌されていたホルモンが、急に停止することによる引き起こされる不快症状。

その症状改善に青汁が有効だと報告されています。

なぜ更年期障害に青汁が役立つのか?

こたえは「神経の高ぶりを抑えてくれるからです」

ソース画像を表示

青汁には優れた抗酸化物質が豊富に含まれていて、それらの物質が不快症状を抑える力があります。

更年期障害はホルモンの低下による脳の過興奮が不快症状を引き起こしますが、青汁にはその際に引き起こされる脳の興奮を抑える力があるのです。

青汁に各種ビタミン、SODなどの抗酸化物質が豊富に含まれていて、これら物質が神経の高ぶりを抑制して不快症状緩和に効果を発揮します。

更年期障害は栄養不足に陥りやすい
ソース画像を表示

更年期障害は脳の過興奮状態が続くために、体が消耗しやすく栄養不足状態に陥りやすくなります。

空腹時を思い浮かべてもらえれば分かると思いますが、人間というのは栄養状態が悪化しているとどうしても神経が高ぶりやすくなります。

更年期障害の時は、ただでさえ神経が高ぶりやすくなっているので、なるべく栄養不足は解消しておかなければなりません。更年期障害で三八(さんぱち)青汁を飲むメリット

  • 神経の高ぶりを抑える栄養素を含んでいる
  • 体全体を潤す各種栄養成分をしっかり含んでいる

この青汁に含まれる極めて豊富な栄養素が更年期の不快症状改善に効果を発揮します。

更年期障害による炎症を抑制

「人間は誰でもストレス状態となると血管炎症性が増えます」

血管炎症候群の特徴
  • 日本・東南アジアに多い
  • 20~50歳の女性に多い(男女比1対9)
  • 発熱、めまい、失神発作、頸部痛、脈拍が触れにくくなる、血圧の左右差、間欠性跛行(片足が正常に動かず、引きずるようにして歩く)などの症状がある

更年期障害の不快症状はいってみれば強いストレス状態なので、放置すると炎症が進み、更に不快症状がひどくなってしまいます。

そんな症状が改善に向かうために青汁が有効です。

青汁には優れた抗酸化作用(ビタミンA,C、SOD酵素など)や、抗炎症作用のある栄養素(ビタミンC,ビタミンKなど)が豊富に含まれているからです。

これらの効果により、ストレスによる血管炎症性を低下させ、体をストレスによる害から守ってます。

青汁が健康維持にとても効果があるというのはよく知られていますが、更年期障害の症状改善にはとても効果抜群です。何か改善方法を探している方は是非、三八(さんぱち)青汁を試してみてください。

ティータイムに青汁

一杯”に、“一包”の割合では濃ゆすぎるほど超高濃度!!!

それが一箱に30包・約一ヶ月分!!

若いうちからの健康、子供の健康、重病予防、生活習慣病予防に!!

子供にとっても美味しい抹茶・お茶の味です。

三八成分が持つ効能

発ガン抑制作用、抗腫瘍作用、突然変異抑制作用、血中コレステロール低下作用、血圧上昇抑制作用、血糖値上昇抑制作用、糖質 脂肪の吸収を抑制、抗菌作用、抗ウィルス作用、虫歯予防、口臭予防、利尿作用、むくみ解消、ストレス緩和、リラックス効果、集中力の上昇、睡眠の改善効果、脳の老化予防、気管支拡張作用、腎血流量の増加、抗炎症作用、中枢神経系の刺激作用、心筋 収縮力の増強、アデノシン作用(睡眠誘導、気管支平滑筋収縮、心筋弛緩)の遮断、風邪予防、老化抑制、抗酸化物質の働きをサポート、免疫力向上、糖尿病予防、肝臓に溜まる脂肪を分解、動脈硬化の予防、肝臓機能の向上、アルツハイマー型認知症を予防、記憶力向上。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です