緑茶の抗ウイルス効果で、インフルエンザ予防効果も

ウイルス感染経路、緑茶成分での予防まとめ

病気の感染原因は、

ウイルスの・吸着・増殖・遊離とあります。

ウイルス感染までの流れとは?

  1. ウイルス付着
  2. ウイルス複製
  3. ウイルス遊離

1.ウイルス付着

ウイルス感染までの流れ イラスト図
ウイルス感染までの流れ イラスト図

ウイルスの表面は、スパイク状になっており

それを使って、細胞に吸着することから始まります。

2.複製

ウイルス感染までの流れ イラスト図2
ウイルス感染までの流れ イラスト図2

次に、感染した細胞を使って

複製、新しいウイルスが作られていき

広がっていってしまいます。

3.遊離

ウイルス感染までの流れ イラスト図3
ウイルス感染までの流れ イラスト図3

複製した菌は、他の細胞を目指し遊離して行きます。

そんな恐ろしいウイルス感染からも、

緑茶は、菌から細胞を守ってくれる!

そんなウイルス感染から、細胞を守る力を緑茶は持っています。

緑茶カテキンは、

緑茶は、菌から細胞を守ってくれる!イラスト図
緑茶は、菌から細胞を守ってくれる!イラスト図

ウイルスが感染に使う、“スパイク状のタンパク質”に直接作用し、

感染を無力化してくれるのです。

他にも、緑茶成分に細胞の仲間がいます

緑茶は、菌から細胞を守ってくれる!イラスト図2
緑茶は、菌から細胞を守ってくれる!イラスト図2

緑茶ポリフェノールストリクチニンは、

ウイルス膜と細胞膜の融合を阻害して、ウイルスの増殖を抑制してくれます。

緑茶は、菌から細胞を守ってくれる!イラスト図4
緑茶は、菌から細胞を守ってくれる!イラスト図4

緑茶成分が、菌から細胞を守ってくれる!

緑茶でコロナ対策

全緑茶成分に加え、大麦若葉も調合された緑茶青汁

緑茶、大麦若葉、抹茶青汁
JA八女・緑茶、大麦若葉、抹茶青汁

最高品質のJA福岡八女茶一覧

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です