青汁の歴史

1982年より始まった青汁文化 今では、健康志向には絶対的な部類に。

 

青汁の何がそこまで良いのか

青汁には、これに“効く”といった効果ではなく、健康作用に目を向けられています。

 

青汁 効果、効能

青汁の成分が、血液血管細胞を守ってくれます。

そして人間の体は、医学的には

と、血液血管細胞健康であれば病気になることも、老化することさえも無くなるのです

近年の青汁はどんどん進化しており、そのブレンドする原料により、その成分の効果効能にも種類があります。

 

(三八)青汁の成分にある効果、効能一覧

発ガン抑制作用、抗腫瘍作用、突然変異抑制作用、血中コレステロール低下作用、血圧上昇抑制作用、血糖値上昇抑制作用、糖質 脂肪の吸収を抑制、抗菌作用、抗ウィルス作用、虫歯予防、口臭予防、利尿作用、むくみ解消、ストレス緩和、リラックス効果、集中力の上昇、睡眠の改善効果、脳の老化予防、気管支拡張作用、腎血流量の増加、抗炎症作用、中枢神経系の刺激作用、心筋 収縮力の増強、アデノシン作用(睡眠誘導、気管支平滑筋収縮、心筋弛緩)の遮断、風邪予防、老化抑制、抗酸化物質の働きをサポート、免疫力向上、糖尿病予防、肝臓に溜まる脂肪を分解、動脈硬化の予防、肝臓機能の向上、アルツハイマー型認知症を予防、記憶力向上。

 

九州産青汁

[caption id="attachment_2126" align="alignnone" width="700"]青汁 青汁[/caption]

三八商品ページへ

]]>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です