青汁を飲むことで健康に効果はあるの?(検証)

青汁を飲むことによる健康への効果と選び方

青汁は健康志向の間で大流行となっていますが、“本当に健康への効果があるのか?”

私が青汁と出会う前に“抱いていた疑問”と、実際に青汁を飲んでみた体験談を元に調べてみました

先ず、健康食品、サプリメントなどの類に対して抱いていた疑問は、『プラシーボ効果的なものじゃないの?』というものでした

(※プラシーボ効果 思い込む事により、無いはずの効果が現れるといった脳の錯覚)

現に、プラシーボ効果(偽薬)の心理効果は30%〜40%はみられるほどとありますし、健康食品もそういうものとして認識していました。

ただ疑っていても始まらないので、様々な研究文、調査結果、論文、体験談を調べてみました

そういった情報を調べ上げていると、確かにそれぞれに根拠は出てきます

しかし、本当に効果があるのなら、気になるのが、成分量とその作用です。



青汁成分の健康作用と、含有量調査結果

青汁の健康作用として謳われているのが、

抗酸化、血液サラサラ、老化予防、記憶向上、免疫向上、抗菌、抗ウィルス、野菜不足解消、便秘、肌荒れ などなど、魅力的な効果が多く見られます

ですが、やはり気になるのが “それらの効果を実感することはできるのか?”という疑問が湧きます。

そこで、青汁などの健康食品、サプリメントの効果実感について調べていて思ったのが、

『“健康食品”(サプリメント)と“薬”の違いってなんだろう』っと思いました



健康食品(サプリメント)と薬の違い

この健康食品(サプリメント)と薬の違いを調べていると、

薬等のように一回、一回効果を見込めるものじゃなく、
健康であるために、体が害されていくのを、日々予防してくれるようなものを指す。

医師が解説するサプリメントと薬の違い
https://www.tbsradio.jp/272105

確かに抗酸化とか、免疫力向上、抗菌、野菜不足、老化予防などなどの

健康維持や予防なら効果を実感できるものではないのですね

ですが、“青汁が体にいいもの”であるのは確かなようです。

私は本調査をしているうちに、今まで全く関心のなかった健康食品でしたが、

恐ろしい重病や、難病が生活習慣病となってている今日では

調べれば調べるほど、その健康栄養素の効能に驚かされ、健康食品が現代に必要なものだと感じるようになりました



実際に青汁を飲むようになってから(実体験)

私は、青汁に健康になる成分が豊富に入っているということがはっきりと分かってからは、細胞の健康(抗酸化)、血液をサラサラにしてくれたり、脳の認知力向上などの見えない効果に期待して毎日飲んでみました、、、

薬ほどの効果はないにしても、少しでもその成分が入っているのであれば
毎日続けて飲んでれば、チリも積もれば山となるということわざのようなものを思い描き、将来の為にと飲み始めました。

すると思わぬことに、実際に飲み始めてから、二日目からいきなり実感できる作用もありました!

一番最初に感じられたのが、利尿作用!!!

この利尿作用というのもの、あまり馴染みがないですが、

詳しく調べてみると、とても健康、美容にも大きく関係することでした。



利尿作用は健康、美容にいい

利尿作用と健康、美容の関係

✔ 利尿作用→むくみ解消(デトックス作用) 血行の流れを良くする、冷え性解消。

✔ 尿は、体の6割を占める水分(食塩水)の濃ゆさ、量を安定しつつ、
体の中にある老廃物、有害物質を出している

✔その尿による“体内水分”の調整ができていない場合に、
老廃物や、有害物質が蓄積たものが『むくみ』となってしまいます。
むくみというのは、老廃物、有害物質が溜まってしまうことなのです

そのむくみ問題に、“抹茶 緑茶の利尿作用”が役に立つ

緑茶、コーヒー、牡蠣など利尿作用を持つ飲食物を摂って、よく水分を摂ると
その老廃物、有害物質、毒素を尿に流せてむくみ解消に繋がる。

肝臓病診療の最先端
https://www.jinzou.net/01/pro/sentan/vol_32/ch01.html

利尿作用と健康、美容の関係



利尿作用で、内臓機能UP!?

体の中にある不必要な物質を排出し、体の内部を綺麗にしてくれるという
尿の働きを促進してくれる、利尿作用は内臓への負担を減らすこともできるそうです。

体の内部、内臓の健康などは自身では感じ難いので

内臓の健康作用があるのが嬉しいですね!!

今では、私もすっかり青汁のファンです!


青汁の選び方

そんな青汁ですが、原料にはいろんな種類がありますよね

大麦若葉、明日葉、緑茶、ケール etc…

調べたところでも、

含む成分も違うので、効果も様々なのですが、
大麦若葉、明日葉、ケール等の野菜に関しては、そんなに大差なかったので、
『どれか一つが入ってたら良いかな』と思い、
抗酸化、老化予防、血液/血管の健康とまである大麦若葉にしようと決めました

しかし、緑茶の成分も調べていたら、
緑茶には、緑茶特有の“カテキン”という栄養成分があって、
これが、脳の老化予防になるので、緑茶の青汁も良いな〜っと思いながらも、
いきなり、二種類の青汁を取り寄せるのはな〜と思ってたら、
流石流行の青汁です 大麦若葉と、緑茶で出来ている青汁があるんですね!!

さらに健康食品は、『九州産が良い』と聞いた話も参考にして選びました。
確かに九州産の健康食品は多かったです。

100%九州産 大麦若葉 緑茶 抹茶 青汁

(九州産) 大麦若葉、緑茶 青汁
(九州産) 大麦若葉、緑茶 青汁
Amazon

(三八)青汁の成分にある効果、効能一覧

発ガン抑制作用、抗腫瘍作用、突然変異抑制作用、抗がん、抗がん剤の作用増強、抗動脈硬化、血中コレステロール上昇抑制、血漿コレステロール低下、血圧上昇抑制、血糖上昇抑制、血小板凝集抑制、糖質 脂肪の吸収を抑制、ダイエット、抗壊血病、抗菌、抗ウィルス、抗喘息、風邪予防、腸内フローラ、胆汁酸排泄促進、便秘防止、大腸がん予防、虫歯予防、口臭予防、消臭、利尿作用、むくみ解消、抗アレルギー、ストレス緩和、精神リラックス、集中力の上昇、睡眠の改善効果、脳の老化予防、気管支拡張作用、腎血流量の増加、抗炎症作用、中枢神経系の刺激作用、体熱産生促進、強心、心筋障害防止、代謝充進、アデノシン作用(睡眠誘導、気管支平滑筋収縮、心筋弛緩)の遮断、環境ホルモン の作用抑制、抗不妊、老化抑制、抗酸化物質の働きをサポート、免疫力向上、免疫反応増強、免疫機能低下抑制、皮膚炎防止、糖尿病予防、肝臓に溜まる脂肪を分解、動脈硬化の予防、肝機能改善、抑制性神経伝達、アルツハイマー病予防、認知症予防、脳障害軽減、記憶力向上。

(三八)青汁の成分にある効果、効能一覧

これだけの効果があるのなら、万能薬と言われる理由も分かりますね、

あまり健康食品に関心を持っていなかった私ですが、

これを機に、現在では水よりも、青汁を飲むことの方が多くなりましたが、

それにより健康への心配事は全くなくなりました

今では人にオススメするくらいです。

]]>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です