投稿: 青汁 三八(さんぱち)の効果  おいしくて健康も手に入る

#縫製工場 #福岡 #佐賀 #ブランド立上げ #衣装製作 #サンプル制作 #オーダーメイド

青汁 三八(さんぱち)の効果  おいしくて健康も手に入る

少しずつ、秋の気配が感じられるようになりました。

朝晩は肌寒い日もありますね。

冷たいお茶がおいしかった時から、温かい飲み物が欲しくなることも多くなりました。

三八(さんぱち)はホットでもおいしい青汁です。

八女産最高級一番碾茶と八女産の最高品質の大麦若葉を使用しているため、風味がよく、味わい深い青汁健康飲料です。

朝の寝起きの一杯に、リラックスタイムに、おやつの時間にいつでもおいしく飲んでいただけます。

大麦若葉使用のため、体を温め、結構も良くなり、さらにお通じも良くなるという素晴らしい効果が期待できます。



三八(さんぱち)に入っている成分             大麦若葉の効果はすごい

三八(さんぱち)にはたっぷりの大麦若葉が入っています。その大麦若葉の効果はすごいということがわかっています。

どんな効果があるのか、ご紹介します。

ガン、脳卒中とならんで、三大成人病のひとつとされているものに心筋梗塞があります。心筋梗塞は、血管がコレステロールなどの老廃物によって詰まってしまったり、血中の過酸化脂質や酸化物で血管壁に炎症が起こり血小板が凝集して“血栓”ができたりすることで、血管が血行不良になり、そこから先の細胞に栄養や酸素が流れず、壊死してしまうことによって起こるといわれています。心筋梗塞にまでおよばなくても、その一歩手前とされている、狭心症。どちらの症状も、胸の真ん中あたりをキリで突き刺されるような痛みが特徴的です。

 では、狭心症や心筋梗塞にならないためにはどうすればよいかというと、血管を詰まらせてしまうような老廃物を、血液中に増やさないことが、最大の予防策になります。  

 大麦若葉にはコレステロール値を下げる物質や抗酸化成分、血小板を抑制する成分などが含まれています。すでに詰まってしまった老廃物を溶かしてしまう効果もあります。大麦若葉には治療効果もあるのです。

 成人病の中で、いったんなってしまうと、完治が難しいのが糖尿病です。  糖尿病は悪化すると、さまざまな合併症を併発します。 大麦若葉は、動脈硬化を防ぎ血行をよくする効果があります。うれしいことに、糖尿病が原因の血管障害にも、効き目を発揮します。  また、大麦若葉には糖尿病そのものに対しても効き目があることが研究によりわかっています。大麦若葉の摂取で血糖値が下がったという結果も報告されています。糖尿病改善にも大麦若葉はかなり期待ができます。

大麦若葉がたっぷり入った三八(さんぱちを飲んで、たくさんの健康を手に入れましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください