緑茶、大麦若葉青汁で、脳の老化、認知症予防

緑茶のカテキンは、抗酸化で有名ですが、
実は脳の老化、認知症予防にも効果的なのです。

緑茶のカテキンは、脳細胞の損傷と死滅を防ぐ。

それにより、緑茶を毎日2杯以上の緑茶を飲む人は認知症、アルツハイマーや、パーキンソン病の発症率が低い

「脳」にいい飲みものが○○である理由
https://diamond.jp/articles/-/155961

緑茶を多く摂取する人では循環器疾患死亡、特に脳梗塞死亡リスクが低下する

緑茶摂取と全死因死亡、循環器疾患死亡、がん死亡リスクとの関連について
https://www.pbhealth.med.tohoku.ac.jp/node/338

コーヒー、緑茶、ウーロン茶の摂取は脳卒中や心疾患のリスクを低下させる
男女ともに脳・心血管疾患のリスク低下と関連していました (男性で最大 38% 、女性で最大 22%のリスク減少)。さらに細かくみると、高血圧の人、肥満のない人で カフェイン摂取と脳・心臓血管疾患による死亡率低下との関連が強く認められました。

https://publichealth.med.hokudai.ac.jp/jacc/reports/mineharu1/index.html

緑茶を一日二杯以上飲んでいる人は、
認知力が高く”、“脳の記憶量がその分多かった”との結果
当研究では、“紅茶やコーヒー”も研究内容に入ってましたが、
『緑茶』でのみ認知症の予防効果が発見されました。


70歳以上を対象にした研究では、“緑茶”を飲んでない人に対して、1日2杯以上飲む人は発病率が半分以下とあり
認知力”、“記憶力”、“情報処理能力”、“実行力と“全てにおいて優れている”といった結果もみられました。

その割合では、『認知症』の発症率が7割近くも低かったとあります。

緑茶の効果・効能/ JAふくおか八女
https://yamecha.biz/2019/07/11/%e3%81%8a%e8%8c%b6%e3%81%ae%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%83%bb%e5%8a%b9%e8%83%bd/

緑茶青汁

緑茶、大麦若葉の青汁
緑茶、大麦若葉の青汁https://worldpeace.jp/sanpachi/sanpachi.html

Amazon

(三八)青汁の成分にある効果、効能一覧

発ガン抑制作用、抗腫瘍作用、突然変異抑制作用、抗がん、抗がん剤の作用増強、抗動脈硬化、血中コレステロール上昇抑制、血漿コレステロール低下、血圧上昇抑制、血糖上昇抑制、血小板凝集抑制、糖質 脂肪の吸収を抑制、ダイエット、抗壊血病、抗菌、抗ウィルス、抗喘息、風邪予防、腸内フローラ、胆汁酸排泄促進、便秘防止、大腸がん予防、虫歯予防、口臭予防、消臭、利尿作用、むくみ解消、抗アレルギー、ストレス緩和、精神リラックス、集中力の上昇、睡眠の改善効果、脳の老化予防、気管支拡張作用、腎血流量の増加、抗炎症作用、中枢神経系の刺激作用、体熱産生促進、強心、心筋障害防止、代謝充進、アデノシン作用(睡眠誘導、気管支平滑筋収縮、心筋弛緩)の遮断、環境ホルモン の作用抑制、抗不妊、老化抑制、抗酸化物質の働きをサポート、免疫力向上、免疫反応増強、免疫機能低下抑制、皮膚炎防止、糖尿病予防、肝臓に溜まる脂肪を分解、動脈硬化の予防、肝機能改善、抑制性神経伝達、アルツハイマー病予防、認知症予防、脳障害軽減、記憶力向上。

]]>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください